大会ニュース

  • HOME
  • 大会ニュース
  • JRS・JSRT・JSMP企画(協力:医用画像情報学会)ハンズオンセミナー

JRC2019JRS・JSRT・JSMP企画(協力:医用画像情報学会)
ハンズオンセミナー

JRC2019において、医用画像情報学会のご協力のもと下記のようにディープラーニングのハンズオンセミナーを開催します。皆様、ご参加をご検討ください。

開催目的

深層学習に関連する技術を広め、医療に役立つ研究を支援するために、深層学習を用いた医用画像認識や画像処理の方法を学ぶことを本講座の目的とします。

参加対象者

プログラミングの経験は多少あるが、深層学習についてのプログラムにまだ触れたことがない、もしくは、始めたばかりである、やってみようと思うが、データの扱い方などがよくわからない、そのような初学者を主な対象とします。その他、最近、やり直したい、新しい環境を学んでみたい、深層学習を自分のPCで実現したい、という方も歓迎です。

開催概要

Deep Learning Hands on Seminar「ディープラーニング ハンズオンセミナー」

司会:川下 郁生(広島国際大学)

  • 講義1:深層学習の医用画像応用  藤田 広志(岐阜大学)
  • 講義2:深層学習の実行環境と勘所 原  武史(岐阜大学)
  • 演習1:深層学習による画像分類  原  武史(岐阜大学)
  • 演習2:深層学習による領域分割  李  鎔範(新潟大学)
  • 演習3:深層学習による回帰    原  武史(岐阜大学)
日程

4月12日(金)8:00〜9:30
4月13日(土)15:30〜17:00
4月14日(日)8:45〜10:15、10:30〜12:00、13:00〜14:30
(各回30分前に開場します.セットアップ不足などには事前に対応します)

定員

各回36名

参加資格

JRC2019への参加登録者に限ります。
大会への参加登録があればJRS/JSRT/JSMP会員以外でもセミナーへの参加が可能です。
但し、ITEM2019入場カードでは参加いただけません。

会場

ハーバーラウンジA

内容

画像分類、領域分割、医用画像への応用についての講義と持参ノートPCによるTensorFlow+Kerasの環境での演習形式

  • 5回ともすべて同じ内容です。
お申し込み期間

3月1日(金)10:00~3月31日(日)

お申し込み

下部のお申し込みボタンよりお申し込みください。

持ち物
  • 大会参加証(名札)
  • ノートPC(メモリーが8GB以上、できれば16GBのWindows10のPC)
     GPUは不要。事前に配布する資料にしたがって,セットアップをお願いします。
     MacOSでも同様のセットアップができれば受講は可能です。

お申し込み

  • ※5回ともすべて同じ内容です。

おひとり様1回限りとさせていただきます。
お申し込み結果につきましては、4月初旬に改めてご連絡いたします。

戻る

▲ページ最上段へ